セラミド産生を助ける有効成分とは?

セラミド産生を助ける有効成分とは? 肌のセラミドが肌環境を整えるのに最重要な成分であるのは間違いありません。 そのためスキンケアでもセラミドを補えるものを選ぶというのが1つの基準にもなっています。


ただ、セラミド保湿には2通りのアプローチがあります。1つはセラミドをそのまま補うというもの。もうひとつはセラミド産生を促進する有効成分を補うというものです。


セラミドを直接補給したほうが即効性はあるようですが、いずれも最終的にはセラミド量が増えるので保湿力は変わりません。


セラミド産生を助ける有効成分はいろいろとあるので、それだけ化粧品を選ぶ選択肢が広がるので自分の好きなものを選べる可能性もでてきます。逆に迷ってしまうケースもありますけれど。。。)


代表的なものとしては「ライスパワーエキスNO.11」があります。ほかには「ハトムギ種子エキス」「ユーカリエキス」「ウルソル酸」などもそうです。 このうち「ライスパワーエキスNO.11」だけ厚労省認可の成分になっています。医薬部外品ってことですね。


セラミド配合にこだわらなくてもこうした有効成分を配合しているものを選べば結果として肌のセラミド量を増やすことができ、肌の水分量を高めることができます。覚えておくと役立つと思います。


セラミド産生促進成分を配合しているのは? 3商品をチェック!

セラミド保湿を台無しにしてしまうスキンケア

セラミド保湿を台無しにしてしまうスキンケア 美白が効く肌環境に整えるには潤いが必要であり、そのために一番有効な手段がセラミド保湿なわけですが、 せっかくのセラミド保湿を台無しにしてしまうスキンケアを多くの人がやってしまっているといいます。


女性の多くは乾燥肌というデータがありますが、その一番の原因はクレンジングだといわれています。 日本女性はとにかくメイクは落とさなきゃいけないという強迫観念があって過剰にクレンジングしている傾向があるそうです。


クレンジングはご存じのとおり脂を溶かせて落としてしまうものですから、肌のセラミドも溶かして洗い落としてしまうんです。 メイクが肌に残ってしまうこと以上に実はクレンジングのほうが肌へ悪い影響を与えてしまうんですね。


当サイトではセラミドを配合した化粧水を紹介しているわけですが、こうしたセラミド配合の基礎化粧品でスキンケアしたところで、 毎日のクレンジングでセラミドを洗い落としてしまっていれば当然ですがセラミドの効果を感じることはできません。


保湿というと保湿成分をどんどん肌に与えることだと思っている人が多いと思いますが、今ある肌の保湿成分を守ることも大切です。 セラミドを補給するのと同時に今ある肌のセラミドを守ることも一緒に考えることが大事です。


セラミドを補給するなら.... セラミド配合美白化粧水<Best3>
Copyright © 2014 セラミド配合美白化粧水を特集/潤い×白さを叶える<Best3>· All Rights Reserved·